使い方いろいろ

目 アップ

レンズの曇りとマスク

昨今電子化が進み、ますます視力を矯正する人が増えている世の中。コンタクトレンズも良いですが、やはりメガネの方が疲れないし、手軽に扱えて便利です。また視力矯正だけのためでなく、おしゃれのための伊達メガネやPCメガネなど、その種類も時代とともに増加しています。そんな眼鏡ですが、手軽な反面やや不便なことも。それは寒い季節にマスクをしたり、外から暖房の効いている建物や乗り物に乗った際、レンズが曇ってしまうこと。しかしこれもレンズに曇り止めを塗ったり、マスクの上部を折り込んだり、またはティッシュなどを利用して鼻部分に当てるようにすれば、曇りも軽減されます。このようにメガネはごく日常的に使っているものなので、上手に使いましょう。

おしゃれアイテムの一つ

視力矯正のために使われていた眼鏡も、今ではすっかりおしゃれになり、伊達メガネやサングラスなども多く出回っています。レンズは紫外線をカットしたり、薄く加工を施すことも可能。フレームもカラフルで鮮やかなカラーバリエーションが揃っていて、さまざまな模様や形状があり、企業やキャラクターとのコラボレーション商品なども出回っています。さらにかつてはそこそこの値段だった眼鏡も、最近は格安に扱う専門店なども出てきました。ファッションビルなどでもメガネ専門店はよく見かけますし、専門店でなくても、伊達メガネやサングラス、PCメガネなどは普通に売られています。このようにメガネは手軽に購入できる、ファッションアイテムの一つとして扱われるようになりました。もちろん視力矯正のために使用することは当然ではありますが、そこにおしゃれとしての機能も備わったのが、現在のメガネなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加